取り付けのプロに依頼して快適なテレビライフを

アンテナ工事はプロに依頼する

丸いアンテナ

綺麗な画質でテレビを楽しく視聴したいなら、アンテナ取り付け工事を業者に依頼しましょう。プロが取り付け工事を行なうことで、快適な視聴環境が作れます。ここでは、アンテナ工事の流れを確認していきましょう。

入念に調査をした上でのアンテナ工事

取り付け工事を行なう前に、建物の事前調査をして見積もりを出します。アンテナの種類にもよりますが、屋根やベランダへの設置が可能です。そして、希望の設置場所に適した取り付け工事を行ないます。また、取り付け工事の際は高い所での作業となるため、安全に行なえるよう片付けておくとスムーズに進められるでしょう。

電波の計測

地デジ放送のアンテナまたは、混合器の信号の出力が弱い場合、信号を増幅する為に、増幅器を設置しなくてはいけません。増幅器は、地デジを視聴するのに必要な電波の受信レベルを上げる機械です。また、電波が強すぎる時は、一旦電波レベルを落として徐々に上げていく必要があります。

配線類の設置

増幅器で電波を安定させて、各部屋にケーブルを配線して広げていきます。まずは、UHFアンテナから一本の配線引き、この配線を軸に分配を行なっていきます。分配器を使用して一本の配線を2~4本にすることで、電波を均等に分けられます。これを各部屋のテレビ端子に接続して取り付けることで、それぞれの部屋でテレビを見ることができるようになります。

取り付け工事の流れを確認して分かるように、専門的な知識と技術を必要とするアンテナの設置工事は、しっかりと実績を持つプロの業者だからこそ出来ると言えます。

ケーブルの持ち込み

電気工事業者の中には、ケーブルの持ち込みによるアンテナ設置工事を受け付けている所もあります。高機能のケーブルを使用したいと考えているなら、取り付け工事を依頼する際は、事前に確認しておきましょう。

TOP_button